• 印刷する

テイクオフ:新型コロナウイルス感染…

新型コロナウイルス感染症の流行を背景に、日本の小中学校や高校の中には、今年の修学旅行を中止にしたり、行き先をシンガポールなどの海外から日本国内に変更したりするところもあるようだ。コロナが落ち着くまでの期間は、教育や研究を目的とした学生・教員の海外渡航を禁止している大学もある。

母校でも、今年は提携している海外大学との交換留学制度を中止にすると聞いた。最近の新型コロナ情勢を見ていると、妥当な判断とは思うが、学生の気持ちを考えるとふびんでならない。ちょうど自身も学生時代に同制度を利用していたため、かつての自分と重ねて胸が痛む思いだ。

きっと留学を夢見て大学に入学した人や、今まで語学習得に励んできた人、アルバイトで資金をためてきた人も多いのではないだろうか。早く以前のように何の心配もなく、海外渡航できる日が来てほしい。(真)


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

オンライン消費が6割増加 東南ア、世代間格差の縮小も(21:56)

従業員の半数、職場で勤務可能に=追加緩和(21:30)

企業幹部の海外出張、新制度を試験運用へ(22:16)

マスク着用義務、6歳未満は免除(21:57)

8月CPIは0.4%低下、5カ月連続マイナス(20:03)

キユーピー、販売会社を新設(22:04)

電子行政サービス、顔認証で利用可能に(20:03)

IBM、AI・サイバー防衛で800人育成(20:03)

道路投資キューブ、インドの高速道会社買収(20:03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン