• 印刷する

キッザニアが8月末閉鎖、コロナ打撃

フィリピンの民放最大手ABS―CBNは22日、マニラ首都圏で運営する子ども向け職業体験型テーマパーク「キッザニア」を8月31日で閉鎖すると発表した。新型コロナウイルスの影響で営業を停止しているが、営業を再開しても集客が難しいと判断した。

従業員には、法律に基づいて解雇補償を支払うほか、転職などを支援する。新型コロナ対策で実施された外出・移動制限措置に従い営業を一時停止しているが、今後もソーシャルディスタンス(社会的距離)など衛生基準を順守する必要があり、人が集まる形態の事業は継続しても集客を見込むことが難しいと説明した。

キッザニアはメキシコ発で、2015年に「キッザニア・マニラ」を開業した。タギッグ市のボニファシオ・グローバル・シティー(BGC)に立地し、敷地面積は約8,000平方メートル。約70の職業体験ができる。ABS―CBNなどが、同社子会社プレイ・イノベーションズを通じて運営している。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: メディア・娯楽雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

低リスク国、1日から観光目的の入国容認(11/26)

アフリカ6カ国の入国禁止、変異株対策(11/27)

新型コロナ、新たに863人感染(11/26)

新型コロナ、新たに899人感染(11/27)

コロナ前水準、1~3月期に 経済開発庁長官、感染対策と両立(11/26)

経済開発庁長官、「環境投資に優遇措置も」(11/26)

新型コロナ、新たに975人感染(11/26)

イケア1号店開業、入場制限で行列(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン