ゴム手袋輸出2200億枚予想、人手不足が課題

マレーシアゴム手袋生産者協会(MARGMA)は20日、今年のゴム手袋輸出量が2,200億枚、輸出額は218億リンギ(約5,490億円)に達するとの見通しを明らかにした。新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)で需要が高まっているためだ。世界全体の供給量の67%に相…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品農林・水産その他製造マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

マレーシア国民ら、政府便でインドから帰国(05/12)

テイクオフ:「鼻水出てますね」。最…(05/12)

ソフトバンク、アジア強化へ 同業アクシアタのAI部門と提携(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン