米の金融制裁、香港ドルの不安要因にも

米国で成立した香港自治法の金融制裁条項について、経済専門家からは香港ドルの米ドル・ペッグ制(1米ドル=7.75~7.85HKドルの連動相場制)を維持する上で長期的な不安要因になり得るとの見方が浮上している。サウスチャイナ・モーニングポスト(電子版)が20日伝えた。 シンガ…

関連国・地域: 中国香港米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:アジアでトップクラスの…(09/24)

雇用補助金を低所得層に還元 スーパー2社、政府要求に応じ(09/24)

現行のコロナ感染防止対策を延長、政府(09/24)

新たに3人の感染確認、3日連続の1桁(09/24)

高リスク地域見直しを、流入症例増で専門家(09/24)

ヘルスケアフォーラムの開催計画、貿発局(09/24)

小幅反発、ハイテク銘柄が支え=香港株式(09/24)

アント、調達目標350億米ドルに引き上げか(09/24)

モックスバンクが正式開業、ネット銀5行目(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン