スーパーの振興券利用、開始2日で1億元超

新型コロナウイルス感染症の経済対策として台湾で導入された消費振興券「振興三倍券」を巡って、スーパーマーケットと量販店での利用額が支給開始2日で1億台湾元(約3億6,400万円)以上に上った。商品が棚から全て売り切れる現象も起こったという。自由時報などが伝えた。 台湾…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中華電信、車庫娯楽と映画配信で提携(09/25)

新型コロナ感染者、510人に(09/25)

秋2連休に東部旅行が活況 高いホテル予約率、北部は不振(09/25)

帆宣、手持ち受注が過去最高の255億元(09/25)

聯陽が年末まで受注いっぱい、コロナ特需で(09/25)

LEDの聯嘉光電、10年先まで受注好調へ(09/25)

台湾東洋、国際展開加速に5カ年計画(09/25)

亜泥が台南の工場資産を取得、5.2億元で(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン