ブルースコープ、EBIT前年比60%減か

オーストラリアの鉄鋼最大手ブルースコープが、2019/20年度(6月期)のEBIT(利払い・税引き前利益)が前年同期比で約60%減の5億6,000万豪ドル(約419億5,070万円)前後になるとの見通しを明らかにした。また同社は、ニュージーランド(NZ)事業の戦略的見直しを進めてお…

関連国・地域: オーストラリアニュージーランド
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本に行ったことがない…(09/21)

豪州、外国投資審査料引上げへ 管理コスト上昇を反映(09/21)

豪の新外資規制、不動産業界から反発(09/21)

中国系不動産企、シドニーに超高層ビル計画(09/21)

〔政治スポットライト〕日米豪印、外相会談の10月東京開催で調整(09/21)

米物流UPS、ベトナムに貨物便運航(09/21)

印大手がDJsに食指か、親会社は売却否定(09/21)

今年のXマス商戦、マスク着用と人数制限下か(09/21)

NSWスタジアム観客上限、10月から引上げ(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン