• 印刷する

ニプロ、地場買収で人工透析施設の運営拡大

ニプロは17日、インドで人工透析施設を運営する孫会社ニプロリーナルケアを通じて、地場同業のDメッド・メディカル・サービスを買収したと発表した。Dメッドが運営する施設にニプロの人工透析装置を導入し、透析治療の質を高めるほか、インドでのニプロブランドの認知度向上につなげる。

Dメッドの株式76%を取得した。取得額は非開示。Dメッドの資本金は8,807万7,840ルピー(約1億2,585万円)で、南部テランガナ州で40カ所の透析施設を運営している。

ニプロは透析患者数が推定約18万人に上るインドで、透析事業に力を入れている。透析関連装置を生産する子会社ニプロインディアと、販売子会社のニプロメディカルインディアを通じて事業を展開。昨年9月にニプロメディカルインディアの子会社としてニプロリーナルケアを設立し、人工透析施設の運営に参入した。

広報担当者はNNAに対して、「事業が順調に伸びていることから、ブランドのプレゼンスをさらに高めるために今回の買収を決めた」と説明した。

ニプロは透析事業のほか、ニプロファーマパッケージングインディアを通じてインドで医療用のガラス関連製品の生産も行っている。


関連国・地域: インド
関連業種: 医療・医薬品金融サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:西部グジャラート州スー…(09/22)

米台がアジアで協力強化へ インフラ建設などに資金支援か(09/22)

【日本の税務】勤務期間が短縮された場合の取扱い(09/22)

小売り回復の道のり長く 8月も前年比5割水準、安全が鍵(09/22)

米財団とタタ、小規模電力網200カ所完成へ(09/22)

19年度タマネギ輸出、10万トン超で過去最高(09/22)

オープンセルの輸入関税、10月1日から5%(09/22)

カルナタカの携帯電話生産、新政策で拡大へ(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン