家庭用電気料金、政府が年内引き下げを通達

ラオス政府は14日、4~12月の家庭向け電気料金の引き下げを定める通達を発布した。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が17日伝えた。 1カ月当たりの電力消費量が150キロワット時(kWh)未満の世帯で、電気料金を1kWh当たり355キープ(約4.2円)に設定。消費量が150~461k…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

中老鉄路の工事進捗、8月末で91%(09/18)

漢方薬ワンプロム、CLMVの市場開拓強化(09/18)

鉱業投資の財務・技術要件、エネ鉱省が策定(09/17)

電子マネーのスター、BICバンクと提携(09/16)

アジア20年成長率はマイナス0.7%=ア開銀(09/16)

ハンガリー、ラオスで9事業を支援へ(09/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン