• 印刷する

無給休暇の実施952社、先週から22社増加

台湾労働部(労働省)によると、給与を支払わず従業員に休暇を強制取得させる「無給休暇」を実施した企業の数は15日時点で974社となり、7日時点(952社)から22社増えた。16日付中央通信社などが伝えた。

対象者数は2万3,607人。7日時点(2万5,826人)から2,219人増えた。

実施の大半は従業員50人以下の中小企業で、実施期間は3カ月未満が多かった。

産業別で見ると、製造業では315社が1万5,927人を対象に実施した。7日時点(299社・1万5,622人)から増えた。このうち「機電・金属」が144社の5,329人で、「化学工業」が71社の5,323人と続いた。

サービス業は、「卸売・小売」が306社の4,344人。7日時点(304社・4,334人)から微増となった。「飲食・宿泊施設」は49社の740人で、225人減った。旅行会社を含む「支援サービス」は587人となり、80人減少した。

「運輸・倉庫」は48社の635人。7日時点(41社・2,840人)から人数が大幅に減少した。台湾航空大手の中華航空(チャイナエアライン)が無給休暇を今月取りやめたことが背景。


関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

TSMC、高雄に工場新設の可能性も(09/18)

【台湾新成長】安定供給とコストに懸念 再エネ先進地を目指して(下)(09/18)

最新iPad、TSMC5ナノ採用の初製品に(09/18)

ベトジェット、東京便などの定期運航再開へ(09/18)

TSMCの今年売上高2割増、ムーディーズ(09/18)

裕隆日産、4Q販売は1万台超えも(09/18)

台泥、信昌化学の完全子会社化に追加措置(09/18)

黒松がワイン販売強化、豪大手と提携(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン