• 印刷する

テイクオフ:新型コロナにより、仕事…

新型コロナにより、仕事や買い物など様々な分野でオンラインへの移行が進行する中、教育業界も分岐点を迎えている。オーストラリアでは、情報技術(IT)を利用して教育にイノベーションを起こす「エドテック(edtech)」と呼ばれる領域が、2022年までに17億豪ドル(約1,275億円)市場に拡大すると言われており、国内需要は一気に10倍に伸びた。

一方日本では、家庭のデジタル格差があらわになり、遠隔授業を実施した学校は私立校の一部にとどまったようだ。教師のITリテラシーが低く、休校中は課題の郵送で対応した学校も少なくないという。

そんな中、筆者の日本の母校が生徒主導で「オンライン文化祭」を開催するとの知らせが、やはりオンラインで南半球まで飛んできた。日本では、エドテック導入をけん引するのは大人ではなく子どもなのかもしれない。(岩下)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

シドニー7自治体から移動禁止 屋外イベントにもマスク義務(06/24)

SAとWA、NSWからの入境をまた禁止(06/24)

シドニー感染が波及? NZ首都で規制強化(06/24)

ANA、シドニー週5便を10月31日まで継続(06/24)

政府、技能ビザの優先職種を41種類に拡大(06/24)

〔政治スポットライト〕ロビー活動の元閣僚増、規制厳格化必要か(06/24)

豪人10人に1人が百万長者、資産価値上昇で(06/24)

〔ポッサムのつぶやき〕住宅ローン、豪人の5人に1人がウソ申請(06/24)

NSW、都市計画で急上昇の土地売却に増税(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン