• 印刷する

全日空のプノンペン―成田便、8月も運休

全日本空輸(ANA)は14日、成田とカンボジアの首都プノンペンを結ぶ直行便の運休を8月末まで継続すると発表した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けての措置。同路線は4月12日から運航を中止している。

新型コロナの世界的な感染拡大を背景にした旅客需要の減少や出入国規制の強化などを受け、同社は7月31日までとしていた運休措置を継続することにした。当初計画では週7往復する予定だった。


関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

小売・観光業などに影響、市中感染発生で(12/03)

小口金融の不良債権比率、5月から改善傾向(12/03)

精米輸出量、今年は75万トンの見通し(12/03)

入国者、政府指定施設で14日間の強制隔離(12/02)

ゴム輸出量、1~10月は21%増の24万トン(12/02)

保険AIA、配車グラブ運転手に傷害保険(12/02)

第一銀、プノンペン支店が海外最大の利益源(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン