• 印刷する

HSBC、香港の行員に在宅勤務を奨励

英金融大手HSBCホールディングスは15日から、2万人を超える香港の行員を対象に、可能な限り在宅で勤務することを求めた。新型コロナウイルスの市中感染急増を受け香港政府が民間企業に在宅勤務を奨励したのに歩調を合わせた。15日付信報が伝えた。

このほど「リモートワークに一定の実行可能性があれば、在宅勤務を強く推奨する」と香港の全行員に通知した。各行員が部署ごとに作業フローを検討するよう呼び掛けた。

オフィス勤務を必要とする場合は、通勤時間や昼食時間をずらすなどの柔軟な措置を講じることも可能とした。現在治療中や服薬中の行員に対しては、いかなる状況であっても在宅勤務を徹底するよう求めた。

英同業スタンダード・チャータード(スタンチャート)や米同業シティバンクも、香港の行員の在宅勤務を奨励するとともに、在宅勤務と出勤を組み合わせるスプリットチーム制の導入を検討しているもよう。シティは在宅勤務者の比率を現在の50%から70%に引き上げる意向という。


関連国・地域: 香港
関連業種: 医療・医薬品金融雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:記憶する限り、香港の華…(08/13)

キャセイ、99億ドルの赤字 1~6月、旅客激減が直撃(08/13)

コロナの新規感染者62人、累計4243人(08/13)

次期立法会は10月半ば開会、初日に施政報告(08/13)

香港製品は「中国製」と表示、米が義務付け(08/13)

続伸、ロシアのワクチン承認好感=香港株式(08/13)

バイドゥ傘下の愛奇芸、香港上場を検討か(08/13)

ネット専業銀4行目、リビバンクが開業(08/13)

グループの損益通算制度導入を、金融発展局(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン