• 印刷する

1~6月の完成車輸入、47%減の9.1万台

ベトナム税関総局が発表した2020年上半期(1~6月)の貿易統計(速報値)で、完成車(CBU)の輸入台数は前年同期比46.5%減の9万929台だった。6月単月は前年同月比66.3%減の3,552台。コロナ禍により需要が落ち込む中、ベトナム政府は国産車に限った自動車登録料の優遇策を導入している。

1~6月は、タイからが1万7,620台と最多を維持したが、増減率はマイナス60.9%と主要国の中で落ち込み幅が大きかった。インドネシア(21.6%減の1万6,421台)、中国(15.1%減の2,253台)、日本(22.3%減の1,300台)、ドイツ(30.4%減の543台)、米国(41.5%減の408台)、韓国(37.8%減の363台)などと続いた。

6月も、タイ製モデルが77.0%減の1,743台で最も多かった。ただ、新型コロナウイルス感染症から立ち直りつつある中国が12.9%増の716台で、インドネシアを抜き2位に浮上。以下、インドネシア(56.5%減の638台)、日本(33.1%減の101台)、韓国(72.6%減の75台)などとなった。

ベトナム自動車工業会(VAMA)によると、1~6月と6月の新車販売台数(VAMA非加盟企業のCBU輸入台数も計上)は、それぞれ31%減、13%減だった。業界関係者からは、通年では3年ぶりのマイナス成長が確実で、落ち込みをいかに抑えるかが課題との見方が出ている。


関連国・地域: 中国タイベトナムインドネシア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

供給網再編で東南ア増強へ 補助金制度、「脱中国」は限定的(08/06)

感染者43人増加で計713人に、北部でも(08/06)

王子HD、9カ所目の段ボール工場を建設(08/06)

トヨタ、カローラSUVをベトナムで発売(08/06)

ベトナムモーターショー、コロナで開催中止(08/06)

ラオカイ―中国間の鉄道連結、運輸省が計画(08/06)

住宅の取引件数、第2四半期は前期から倍増(08/06)

韓国都和、越中部に太陽光発電所を建設へ(08/06)

サンシャイン、HCM市に高級マンション(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン