• 印刷する

テイクオフ:台湾では新型コロナウイ…

台湾では新型コロナウイルス感染症の隔離対象者が外出すると高額な罰金が科されるが、先日また罰金関連の記事を見つけて、あぜんとしてしまった。

今月12日までに、桃園市で隔離措置を取られた人は延べ2,100人を突破した。ところが、このうち79人が無断で外出するなど隔離規定に違反し、計1,905万台湾元(約6,900万円)が科されたという。罰金の総額を1人当たり平均に直してみたら、自身が住む住宅の1年分の賃料を十分に賄える額だった。現地紙によると、ただ外出するだけでは10万元の罰金だが、外出した時間や距離によって罰金額が加算される仕組みなのだとか。

決まりを破ってまで外出した理由は「食事に出掛けた」と「私用」が多数。罰金を支払った人にとっては、高級料理以上の高い代価を支払わされたことは言うまでもない。(晶)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

聯発とインテル、5G対応PC開発で提携(08/07)

上期の「専利」出願が4%減 コロナ響く、TSMCの首位継続(08/07)

義隆が聚積の増資引き受け、LEDで協業(08/07)

エイサー、2Q純益は前年同期比3倍(08/07)

中国スマホ向けAPシェア、聯発科技が首位(08/07)

世界先進が値上げも、需要旺盛で(08/07)

中華電信とHTC、VRサービスで提携(08/07)

群光、サーバー電源で世界トップ狙う(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン