高速道の新料金収受システム導入、入札開始

インドネシアの公共事業・国民住宅省は、高速道路のゲート通過時に車両の登録番号などを瞬時に読み取って通行料を収受するマルチレーン・フリーフロー(MLFF)システムの導入事業の事業者選定入札を開始した。年末にも落札者を発表する。事業費は4兆3,500億ルピア(約323億2,…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

「攻め」の姿勢で上位目指す MUFGの東南アジア戦略(2)(05/07)

帰省禁止初日、高速道路で労働者が抗議(05/07)

AP1、11空港で6~24日に営業時間を短縮(05/07)

電動バイクのコスト低下、EVの普及後押し(05/07)

ホンダ四輪車4月小売り、前月比1.4%増(05/07)

今年の重機生産台数、最大7000台に上方修正(05/07)

仏トタル、給油所運営事業から撤退(05/07)

チビトゥン―チリンチン区間、年内開通へ(05/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン