• 印刷する

テイクオフ:三大カーンもすごいが、…

三大カーンもすごいが、インド人が最も慕うボリウッド・スターと言えばやはり、アミターブ・バッチャンだと思う。ムンバイの映画館で「マダム・イン・ニューヨーク」を鑑賞したときのこと。バッチャンがスクリーンに現れると、「ワァッ」「ヒューウッ」と大きな歓声と拍手が起こった。カメオ出演だったのに、まるで観客全員が、彼を待ちわびていたようだった。

そんなバッチャンが、新型コロナに感染した。ツイッターを通じて11日に報告。「陽性だったので入院することになった。少なくとも過去10日間のうちに私に近づいた人は、ぜひ検査を受けてくれ」と呼び掛けた。

インドの新型コロナの致死率は2.6%と低い。インドをよく知る友人は「金持ちだから大丈夫」「お金で何とかなる」と言う。それでも77歳と高齢なだけに、心配だ。早く回復し、元気な姿で銀幕に舞い戻ってほしい。(天)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

インド・米国、ラオスに医療機器など供与(08/13)

テイクオフ:新型コロナのパンデミッ…(08/13)

【アジア・ユニークビジネス列伝】「コロナで爪切り大ヒット」 「変わり種のマイクロ保険」(08/13)

東芝、家電事業を再始動 21年に新工場で生産開始予定(08/13)

7月乗用車販売は3.9%減、減少幅は縮小(08/13)

7月の二輪販売、15%減の128万台(08/13)

ヘルメット大手、20億ルピーで2工場稼働(08/13)

日本工営、バングラで鉄道整備事業を受注(08/13)

鉄鋼タタ、本年度販売見通し110万トン維持(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン