• 印刷する

空路封鎖、10月以降の解除見通し=副大統領

ミャンマーのヘンリー・バン・ティオ副大統領は、政府が新型コロナウイルスの水際対策として実施している国際線旅客機の着陸禁止措置について、解除は10月以降になるという見通しを明らかにした。

電子メディアのイラワジによると、同副大統領は7日、観光振興のための政府の委員会の会合で「国内の空港が国際線の旅客便の受け入れを再開するのは、今年の第3四半期(7~9月)の後になるとみている」と説明した。

ミャンマー政府は、空港業務が本格再開された後に、東南アジア諸国連合(ASEAN)とアジア諸国に向けた観光振興再開を発表する見通し。新型コロナの感染抑制に成功している国・地域間で、外国人旅行者の入国・入境規制を緩和する「トラベル・バブル」での人の往来については、タイ、ベトナムとの間で計画している。

ヘンリー・バン・ティオ副大統領は「初期段階の合意が成功すれば、日本や韓国、中国、香港、マカオとのトラベル・バブルにも進む意向だ」と語った。

ミャンマー国際航空(MAI)のティン・マウン・タン・ゼネラル・マネジャーは「10月まで国際線旅客機の着陸禁止措置が延長されれば、航空会社や空港運営会社、観光事業者が破綻してしまう」と危機感を表明。世界的に国際線の運航が再開され始めようとしていることを引き合いに、副大統領が10月までの空路封鎖に言及したことは「若干、性急であるように思う」と語っている。

ミャンマーは3月31日から、貨物便や海外で働く自国民が帰国するための救援便を除く国際線旅客機の着陸を禁止。現時点で7月31日を期限としているが、延長の可能性が高まっている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

キリン合弁、上期は減収減益 コロナ禍で下期も挽回難しく(08/13)

茂木外相、24日にネピドーで政府要人と会談(08/13)

政府、日韓への出稼ぎ労働者派遣再開を許可(08/13)

プロジェクトバンクに71案件追加、129件に(08/13)

韓国政府、ガスパイプライン改修を支援(08/13)

エアコン市場、25年までに267億円規模に(08/13)

10~7月の農産品輸出、18%増の33億ドル(08/13)

2日連続感染確認なし、累計360人=12日朝(08/13)

スー・チー氏、連邦国家樹立の重要性を強調(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン