• 印刷する

21年の最低賃金難航、労働者側が反発

韓国で2021年の最低賃金を巡る協議が難航している。政府の最低賃金委員会で労働者側は9日、経営者側が修正案でも今年度より低い最低賃金を提示したことに対し、差が大きいと反発して退場した。

労働者側は最初の金額提示で今年に比べ16.4%高い時給1万ウォン(約890円)を要求したのに対し、経営者側は2.1%減の8,410ウォンを提示した。このため最低賃金委の委員長は、双方に修正案の提出を要請した。

しかし、最低賃金委の労働者側委員のうち全国民主労働組合総連盟(民主労総)所属の4人が開始直後に退場したのに続き、経営者側が今年度比1.0%減の8,500ウォンを提示したのを受けて、韓国労働組合総連盟(韓国労総)所属の委員も退場した。

労働者側が提示した修正案は9.8%増の9,430ウォンだった。労働者側は削減案が撤回されなければ会合には出席しないと表明している。

最低賃金は8月5日に公示される予定で、最低賃金委は今月15日までに審議を終える必要がある。


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

上期の「専利」出願が4%減 コロナ響く、TSMCの首位継続(08/07)

サムスン旗艦機で首位奪還へ ノート20公開、MSとゲーム協業(08/07)

新型コロナ感染者、43人増の1万4499人(08/07)

7月の輸入車販売、5カ月ぶり2万台下回る(08/07)

大韓航空が2Q黒字転換、貨物好調が奏功(08/07)

HDC、アシアナ側の「再査定拒否」に遺憾(08/07)

LCCジンエアーが増資へ、生き残り模索(08/07)

LCC済州航空、上期売上高62%減少(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン