決済事業者から手数料徴収、来年1月開始

タイ中央銀行(BOT)は2021年1月1日、決済システムと決済サービスの事業者から手数料の徴収を開始する計画だ。命令案に対する関係者からの意見を20日まで受け付け、詳細を取りまとめる。10日付クルンテープ・トゥラキットが報じた。 BOTは国内で電子決済を普及させるため…

関連国・地域: タイ
関連業種: 金融IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本では7月に迫った東…(05/13)

【ウィズコロナ】チャットコマースで販売促進 森永製菓、消費者からアイデアも(05/13)

市中感染1974人、死者34人で最多更新(12日)(05/13)

タイヤンヨン、VWワゴンの新型モデル発売(05/13)

タイへの不法入国者、4カ月で5千人超(05/13)

当局、航空各社に入国許可の確認徹底を指示(05/13)

物流レオ、中国郵政と国際航空輸送で提携(05/13)

CBRE、エリートカード運営企業と提携(05/13)

PTT、ガス需要のコロナ前水準回復を予測(05/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン