酒類業者、自社サイトに活路=共同出店も

香港では新型コロナウイルスの感染拡大を機に、酒類業者がインターネット通販に活路を見出そうと模索している。酒類業者らでつくる業界団体、香港酒業総商会(HKGCWS)によると、顧客開拓のため、小規模企業の少なくとも2~3割がネット通販を開始したという。同商会の鍾鑑…

関連国・地域: 香港
関連業種: 食品・飲料IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:まだまだ続きそうな新型…(08/06)

世界著名ブランドに閉店の波 コロナ直撃、高額賃料重荷に(08/06)

大湾区主要都市を鉄道で接続 全長5700キロ、域内一体化に弾み(08/06)

新規感染者85人、域内82人=累計は3754人(08/06)

PCR検査拡大、外国人家政婦など対象か(08/06)

市場の集団感染、海産物原因説を否定=識者(08/06)

コロナワクチンの治験開始へ、理工大など(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン