対中輸出減が回復の足かせに 中間財に依存、ASEANも追撃

韓国の最大の貿易相手国である中国への長引く輸出不振が、韓国経済の下押し要因となっている。2019年は前年比で2桁減。今年もマイナス成長が続く。新型コロナウイルス感染症の拡大が打撃となっているのは確かだが、対中輸出減少の要因には半導体メモリーなど中間財への過度な依存…

関連国・地域: 中国韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:文在寅(ムン・ジェイン…(08/13)

【ウィズコロナ】感染ピーク後もリモート定着 リスクと効率天秤、採用にも変化(08/13)

政府、日韓への出稼ぎ労働者派遣再開を許可(08/13)

新型コロナ感染者、17日ぶりに50人超え(08/13)

【わたしの在宅ライフ】韓国女性(31)の過ごし方 ネット通販を使いこなす(08/13)

7月の失業者数、コロナで21年ぶり高水準(08/13)

入国規制の緩和政策、国から地域に対象限定(08/13)

韓国政府、ガスパイプライン改修を支援(08/13)

国産化事業の成果低調、「脱日本依存」遠く(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン