• 印刷する

第一稀元素、新工場稼働を1年以上延期

第一稀元素化学工業は9日、ベトナム南部バリアブンタウ省の新工場の生産開始を2022年5月から23年7月に延期することを決めた。新型コロナウイルス感染症対策で担当者の派遣や機器手配が難しいため、1年以上ずれこませる。

現地法人ベトナム・レア・エレメンツ・ケミカル(VREC)の新工場建設は、18年2月に決定し、工事を進めてきた。ベトナムの渡航制限により、第一稀元素化学工業からの従業員派遣が難しく、早期の状況改善のめどが立たない状況という。

新工場では、ジルコニウム化合物の重要な前駆体であるオキシ塩化ジルコニウムなどを生産する予定だ。2年前の発表時点の投資額は約100億円。

VRECは、第一稀元素化学工業の製品の主原料であるジルコンサンドや中間体の供給拠点として12年3月に設立された。新工場の建設により、需要拡大に対応する予定としている。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 電機化学天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

労働者への接種、8月に完了 副首相方針、全国の工業団地で(06/14)

ワクチンパス、フーコックで試行指示=政治局(06/14)

週末の市中感染737人増、4月から7千人超え(06/14)

約100企業の生産再開を許可、バクザン省(06/14)

コロナ情報をデジタル地図で表示、ハノイ市(06/14)

カントー市のIT工業団地設立、副首相が承認(06/14)

ベトナム企業の海外投資、1~5月は3倍(06/14)

カントー市、1~5月工業生産・小売り伸び(06/14)

ホーチミン市の企業、無利子融資を要望(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン