• 印刷する

大学の一部学生講義を許可、10月に完全再開

マレーシア高等教育省は8日、大学など高等教育機関の講義を今月から段階的に再開すると発表した。今月は4つのカテゴリーの学生の授業を始め、全面的な再開は10月となる。地元各紙が伝えた。

現在は、研究室を使用する大学院生や学士号課程の最終年度もしくは最終学期の学生のみ登校を認めているが、今月から▽オンライン授業へのアクセスや学習支援環境がない学生▽私立教育機関に通う学生の3割▽研究機器の使用や実地研修が必要な公立大学の学生▽海外からの留学生――の4つのカテゴリーに該当する学生の登校を認可し、対面授業も認める。

ノラニ・アフマッド高等教育相は、適切な授業方法の導入などは教育機関に委ね、学生の受け入れを円滑に進めるよう指示したと明らかにした。今月時点で受け入れ対象外となる学生については、10月から全面的な登校を認める方針だ。

■独立記念パレードは中止

イスマイル・サブリ・ヤアコブ上級相(治安担当)は8日、毎年8月31日の独立記念日(ムルデカ・デー)に行うパレードを中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染防止が目的。

イスマイル上級相は、パレードでは混雑が避けられないため、特別閣僚会議で今年の中止を決定したと説明。国旗を使用した祝福行事などは例年通り開催することを明らかにした。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

7月新車販売、上位は急回復 首位プロドゥアは単月で今年最多(08/07)

タンチョン、越で日産2車種の販売終了へ(08/07)

日本電気硝子、医薬用管ガラスの生産増強(08/07)

RM1=25.2円、$1=4.19RM(6日)(08/07)

外国人労働者数把握で特別委、首相指示(08/07)

外国人の不法滞在、反則金徴収へ(08/07)

リサイクル率、25年までに40%目標(08/07)

東海岸をラテックス生産地帯に、ゴム委計画(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン