ホテル業、回復は2年後か コロナ打撃が「最長の産業」に

インドのホテル業界は氷河期が長期化する見通しだ。昨年までは好調だったが、新型コロナウイルス感染症の流行で状況は一転。4~5月の客室稼働率は平均10~15%まで低下した。ホテル利用は必需的消費の対極にあり、在宅勤務の定着で出張も長期で伸び悩むとみられることから、「コ…

関連国・地域: インド
関連業種: サービス観光


その他記事

すべての文頭を開く

19年度タマネギ輸出、10万トン超で過去最高(14:23)

テイクオフ:一部の農家は型破りな真…(09/21)

政府が日系に投資呼び掛け 外相、事業環境への理解も求める(09/21)

起亜SUV「ソネット」、初年に10万台販売へ(09/21)

グ州政府、電動車両購入に独自の補助金(09/21)

シュコダ車の販売網、年内に100カ所体制へ(09/21)

〔政治スポットライト〕日米豪印、外相会談の10月東京開催で調整(09/21)

二輪車TVS、コロンビアで販売拡大へ(09/21)

印大手がDJsに食指か、親会社は売却否定(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン