クラブやカラオケ、飲食店として再開可能に

カンボジアのフン・セン首相は3日、新型コロナウイルスの感染防止策として休業中のナイトクラブやカラオケ店に対し、飲食店としての営業再開を認める方針を明らかにした。首都プノンペン当局はこれを受け、飲食業への転換申請の受付を開始した。クメール・タイムズ(電子版)が8…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: サービスメディア・娯楽


その他記事

すべての文頭を開く

軍トップ、ASEAN総司令官会合に参加か(18:58)

アジア昇給率は4.3%予測 2022年の日系企業、NNA調査(12/08)

ワクチン接種ペース鈍化、180万人が未接種(12/09)

外国人雇用枠の申請、22年1月末まで延長(12/09)

上水供給を拡大へ、工業相が方針(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン