建設中心に外国人削減を、与党・現職候補者

シンガポールで10日に投開票される総選挙で、与党・人民行動党(PAP)の現職候補者のリャン・エンファ氏(56)は、労働問題の改善などを個人のマニフェスト(選挙公約)に掲げ、再選を目指している。建設業を中心に外国人労働者を削減することを訴えている。 DBS銀行の取締…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

ECソフトのアンチャント、13億円調達(08/15)

防衛STエンジ、1~6月期は4%減益(08/15)

新規感染81人、計5万5661人(15日)(08/15)

新規感染83人、市中感染はゼロに(14日)(08/15)

日本との往来制限、9月に緩和 両外相が2つの枠組みに合意(08/14)

金融技術革新に2.5億Sドル拠出=当局(08/14)

DBS銀、建設業向け自動決済システム導入(08/14)

港湾アダニ、シンガポール新会社を設立(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン