• 印刷する

テイクオフ:ビクトリア州を除き、国…

ビクトリア州を除き、国内のスター・カジノが営業を再開したようだ。それを知ったのは、現地の中国語新聞で大々的に全面広告を打っていたからだ。広告にはでかでかと「玩楽天堂、熱血回帰」。訳すなら「娯楽のパラダイスが、アツく戻ってきました!」という感じだ。

だが奇妙なのは、同じ日付のどの英字紙にもスター・カジノの広告は……あるのかもしれないが、見当たらない。英語広告は必要ないと判断したのか。しかし例えば、日本にカジノができたとして、そのオープン広告が中国語だけだとしたら、いかに奇妙か分かるだろう。要するに、この国でカジノ業界がどれだけ中国人客に依存しているかを示している。それは中国からの留学生不足に悩む大学も同じだろう。

中国に対する、オーストラリア政府の最近の「武士は食わねど」の態度がいつまで持つのか、心細く見守っている。(西嵐)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニーで6月に通勤を…(08/11)

北部3州で感染ゼロから拡大 1人から45人、今後も増加か(08/11)

豪のコロナ死者数、300人突破 ロックダウン効果は1週間後か(08/11)

政府、郵便局に医薬品などの配達優先を指示(08/11)

シドニーCBD、夜間ショッピングが縮小(08/11)

〔オセアニアン事件簿〕NSW州南部で集中豪雨が発生、1人が死亡(08/11)

商業不動産のテナント救済措置、延長を検討(08/11)

メルボ住宅成約率73%、都市封鎖でも高水準(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン