新型コロナ、新興の7割に打撃=FICCI

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で、インドのスタートアップの7割の事業に悪影響が出た。インド商工会議所(FICCI)がスタートアップ250社を対象に行った調査で明らかになった。投資家の出資意欲も低下している。 感染拡大の防止を目的とした全土封鎖の影…

関連国・地域: インド
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

インド・米国、ラオスに医療機器など供与(08/13)

テイクオフ:新型コロナのパンデミッ…(08/13)

【アジア・ユニークビジネス列伝】「コロナで爪切り大ヒット」 「変わり種のマイクロ保険」(08/13)

東芝、家電事業を再始動 21年に新工場で生産開始予定(08/13)

7月乗用車販売は3.9%減、減少幅は縮小(08/13)

7月の二輪販売、15%減の128万台(08/13)

ヘルメット大手、20億ルピーで2工場稼働(08/13)

日本工営、バングラで鉄道整備事業を受注(08/13)

鉄鋼タタ、本年度販売見通し110万トン維持(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン