• 印刷する

五洋食品、冷凍ケーキ製販でタイ企業と提携

冷凍洋菓子の製造を手掛ける五洋食品産業(福岡県糸島市)は6日、タイで「シーファーベーカリー」ブランドのパンや菓子類を製造・販売するシーファーグループ傘下のシーファー・フローズンフードと業務提携したと発表した。タイで冷凍ケーキを生産し、現地のコンビニなどで販売する。

五洋食品産業の冷凍ケーキが海外で生産されるのは初めて。海外マーケティングを担当する藤永晋也取締役は「日本のケーキはサイズが小さい割に輸出コストがかかり、販売価格が高くなっていたため、現地生産に切り替える」と話した。

シーファーが拠点を置くタイ西部カンチャナブリ県の工場内に専用生産ラインを設け、日本のレシピを現地の食材を使って再現する。まずはベイクドチーズケーキを製造し、今月からシーファーの卸先である現地のコンビニやコーヒーチェーン、ホテルなどへの販売を開始する。販売価格は1個40バーツ(約140円)程度。

五洋食品産業はシーファーに対し、製品の仕様書やレシピを開示するほか、現地生産のノウハウを提供して対価を受け取る。藤永氏は「タイで確立した技術供与のビジネスモデルを中国など他のアジア地域にも広げていきたい」と語った。

同社は2014年に同じシーファーグループ傘下のシーファーベーカリーと提携。日本国内で作った冷凍ケーキをタイに輸出し、販売してきた。

五洋食品産業は現在、香港と米国に製品を輸出しており、それぞれ年間約3,500万円を売り上げているが、海外売上高比率は約3%にとどまる。「アジア地域への輸出を拡大し、向こう2年間で同比率を10%に引き上げる」(藤永氏)目標だ。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイ社会が政治的な対立…(10/29)

対立解消へ委員会設置を検討 デモ対応で議会提案、学生参加も(10/29)

MG、プラグインハイブリッドSUVを発売(10/29)

政府、EV充電スタンドの均等設置を指示(10/29)

レムチャバン港拡張、来年4月までに契約へ(10/29)

高速道路公団、チョンブリ県に新道路建設へ(10/29)

コロナ対策の非常事態宣言、延長を閣議決定(10/29)

帰国・入国者13人感染、市中はゼロ(28日)(10/29)

グロービス、タイ初のプレMBAプログラム(10/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン