• 印刷する

豪、再生ごみ処理能力拡大でファンド創設

オーストラリア連邦政府のレイ環境相は6日、国内のリサイクル向け廃棄物の処理能力を拡大するために「リサイクル近代化ファンド」の創設に1億9,000万豪ドル(約142億円)拠出すると発表した。この基金によって、民間投資を最大6億豪ドル刺激し1万人の雇用を創出。また1,000万トンの廃棄物が埋め立て地に送られることなく再処理されると予測されている。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューなどが伝えた。

リサイクル近代化ファンドは、中国などがリサイクル向け廃棄物の輸入を停止したことを受けたもので、連邦政府の国内のリサイクル産業構築計画の中枢をなす。

同ファンドは、混合プラスチック、紙、タイヤ、ガラスなどの材料を選別、加工、再製造するための新しいインフラへの投資を支援するもので、連邦政府は、業界、州、準州からの共同出資を条件に資金提供を行う。

また、廃棄物の輸出禁止を正式に定め、製品の設計からリサイクル、再製造、廃棄に至るまで、企業が発生する廃棄物に対してより大きな責任を負うよう奨励する法律も導入される予定だ。

オーストラリア・リサイクル協議会の代表、ピーター・シュミゲル氏は「今回の政府によるファンドは、民間投資を拡大させ国内のリサイクル産業を持続可能なものにする」と政府の発表を歓迎した。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: その他製造サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:所得税申告の季節。銀行…(08/07)

豪GDP、2.5%減少見通し モリソン首相「失業率10%の懸念も」(08/07)

VIC都市封鎖、財界は州より連邦頼み(08/07)

コロナ禍を機に政府は規制改革を=業界団体(08/07)

メルボ小売、オンライン販売整備で明暗(08/07)

豪イケア、封鎖で一部家具売上げが450%増(08/07)

VIC州の食品流通大混乱、全国に波及も(08/07)

QLD―NSW州境閉鎖、観光業や鉱業は悲鳴(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン