今年の観光収入、1.3兆円損失か=コロナで

台湾交通部(交通省)観光局は、新型コロナウイルス感染症を受けた観光関連業の今年の機会損失額が3,734億5,000万台湾元(約1兆3,600億円)以上になるとみているようだ。観光局の担当官は、現状が続けば、今年台湾を訪れる海外旅行者が160万人に届かず、前年(1,186万4,105人)か…

関連国・地域: 台湾
関連業種: サービス観光社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

聯発とインテル、5G対応PC開発で提携(08/07)

上期の「専利」出願が4%減 コロナ響く、TSMCの首位継続(08/07)

義隆が聚積の増資引き受け、LEDで協業(08/07)

エイサー、2Q純益は前年同期比3倍(08/07)

中国スマホ向けAPシェア、聯発科技が首位(08/07)

世界先進が値上げも、需要旺盛で(08/07)

中華電信とHTC、VRサービスで提携(08/07)

群光、サーバー電源で世界トップ狙う(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン