• 印刷する

通信テレコム、華為とクラウド事業で提携

マレーシアの通信大手テレコム・マレーシア(TM)は3日、クラウドサービスの拡張に向け、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の現地法人と合意覚書を締結したと発表した。提携によりTMの企業・政府向けクラウドサービスに次世代技術を導入していく。

TMの法人向け情報通信技術(ICT)・データサービス部門TMワンのアフマド・タウフェク・オマル上級副社長兼最高経営責任者(CEO)は、ファーウェイの技術をTMのクラウドサービス「TMクラウドアルファ」に導入することで、人工知能(AI)機能に基づくより高度なサービスとビッグデータ分析を顧客に提供できるようになると説明した。向こう5年間で年平均成長率(CAGR)27%が見込まれる国内クラウド市場で、主要サービス事業者としての立場を強化するのが提携の狙いだ。

TMのノル・カマルル・アヌアル・ヌルディン社長兼グループCEOは、TMはマレーシアの地場企業として唯一、データセンターとクラウドのインフラを保有していると指摘。「(秘匿性が高い)エンドツーエンド(端末間)のクラウドインフラを提供する唯一の事業者として、第一歩を踏み出した」と話した。

TMワンは、今年4月初頭に、IaaS(ITインフラ基盤を提供するサービス)、PaaS(ソフトウエアを稼働させる土台となるプラットフォームを提供するサービス)、SaaS(クラウド上で必要なソフトウエアを提供するサービス)などで構成するエンドツーエンドのクラウドサービス、TMクラウドアルファを発表していた。


関連国・地域: 中国マレーシア
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:クアラルンプールは最近…(08/13)

コロナでゴム手袋各社が増産 医療向け特需、新規の参入相次ぐ(08/13)

地場企業が米でコロナ予防ワクチン治験へ(08/13)

RM1=25.5円、$1=4.19RM(12日)(08/13)

英業達、3Qは前年同期比2桁増収へ(08/13)

入国規制の緩和政策、国から地域に対象限定(08/13)

融資返済猶予、先月末時点で666億リンギ適用(08/13)

クレジットカード申請件数、6月に回復(08/13)

7月の空港利用者数、前月比3倍の131万人(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン