安保ライン改造人事、南北関係改善へ意欲

【ソウル共同】韓国大統領府は3日、外交・安全保障の司令塔役を担う国家安保室長に、情報機関・国家情報院の徐薫院長を充てる人事を発表した。徐氏の後任には北朝鮮通の朴智元元文化観光相を起用。いずれのポストも韓国で安保ラインと呼ばれる要職で、悪化した南北関係立て直しへ…

関連国・地域: 韓国北朝鮮
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染、16日連続で100人台(09/19)

LG化学が電池部門を分社化 EV普及で黒字転換、IPO狙う(09/18)

新型コロナ感染、15日連続で100人台(09/18)

ベトジェット、東京便などの定期運航再開へ(09/18)

韓国の成長率1%減、OECDが下方修正(09/18)

政府歳出の増加速度、韓国はOECDで2位(09/18)

産業技術の海外流出、6年で121件(09/18)

LGの採用試験、オンライン方式に転換(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン