• 印刷する

政府、今後は道路事業から中国企業を排除

インド政府は、今後実施される国内の道路整備事業から中国企業を排除する方針だ。ガドカリ道路交通・高速道路相が述べたとして、民放NDTVが1日に伝えた。

北部ラダック地方の実効支配線付近で先月半ばに起きた軍事衝突への対応とみられる。ガドカリ氏によると、政府は国内企業との合弁であっても中国企業の参加を認めない方針。進行中の入札への参加が発覚した場合は、入札自体をやり直すという。政府は一方で、より多くの国内企業を道路事業に呼び込むため、要件を緩和した新政策を近日中に発表するという。

衝突を受けて、インド国内では反中感情が高まっている。政府は、先月末には中国と関係する携帯端末向けのアプリ59種の使用を禁止していた。


関連国・地域: 中国インド
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:乗用車最大手マルチ・ス…(08/04)

ココイチが1号店オープン 日本の味提供、外食の回復見据え(08/04)

台湾企業、iPhone生産ラインをインド移設か(08/04)

7月の二輪販売、地場3社が1割減まで回復(08/04)

スズキ9割減益、インド四輪減速(08/04)

二輪TVS、30億ルピーの設備投資を計画(08/04)

タタ自、コロナで4~6月の赤字2倍超に(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン