• 印刷する

ヤンゴン川、夜間航行の実現へ資金協力

日本政府は、ミャンマー政府が進める最大都市ヤンゴンでの河川航路標識の改修など3件を支援するため、総額21億9,900万円の無償資金協力を実施する。2日、ミャンマーの首都ネピドーで交換公文の署名が行われた。

河川港であるヤンゴン港へ乗り入れる船舶は、川幅が狭く潮流も強いヤンゴン川を航行するが、航路標識や管制システムが不十分なため船舶の衝突や座礁事故がしばしば発生。また、夜間の航行に必要な支援施設がないため昼間の満潮時に1日1回しか航行できず、貨物量の増大に対応しきれない懸念が出ていた。

今回の支援では13億9,900万円を供与限度額に、新たに航路標識や夜間航行を可能にする灯台を設置し、貿易の促進と物流の効率化につなげる。

このほか、第2の都市マンダレーでの浄水設備の整備(供与限度額7億円)、ミャンマー警察に対する機材の支援(同1億円)の2件について、無償資金協力が決まった。ミャンマー警察の装備品は20年以上買い換えられていない。今回の支援では、要人警護用の車両と無線機を供与する。

ヤンゴンでの河川航路標識の改修など3件の無償資金協力について交換公文に署名した、日本とミャンマーの政府関係者=2日、ネピドー(在ミャンマー日本大使館提供)

ヤンゴンでの河川航路標識の改修など3件の無償資金協力について交換公文に署名した、日本とミャンマーの政府関係者=2日、ネピドー(在ミャンマー日本大使館提供)


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 運輸電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

ガソリン3割高騰、政変後に 銀行機能不全とチャット安で(05/07)

一般行政局を再び内務省傘下に、軍関与強化(05/07)

国連はミャンマーへの武器禁輸措置を、NGO(05/07)

銀行の現金不足深刻、預金の引き出し続く(05/07)

企業登記、4月は反転し前月比5割増に(05/07)

コロナ再拡大に懸念、周辺国のまん延で(05/07)

連結純利益は史上2番目=丸紅社長(05/07)

天然ゴム価格が低下、需要の冷え込みで(05/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン