• 印刷する

WHOミャンマー代表、コロナ対策を評価

世界保健機関(WHO)ミャンマー事務所のステファン・ポール・ジョスト代表は、新型コロナウイルス感染症へのミャンマーの対応について、初期段階からの政府を挙げた取り組みが拡大予防につながったと評価した。電子メディアのイラワジが1日伝えた。

ミャンマーでは7月2日までに、304人の新型コロナ感染者が確認され、222人が既に回復した。死者は6人にとどまっている。

ジョスト代表は、「ミャンマーの対策がこれまでのところ成功している要因は多くあるが、その1つは迅速な対応だ」と述べた。

ミャンマー政府は、WHOから中国・湖北省武漢市で原因不明のウイルス性肺炎が発生したとの通知を受けた翌日の1月5日、国境検問所での監視の準備に着手。武漢からの航空便の乗り入れを停止し、2月1日には中国人向けの到着ビザ(VOA)の発給を停止した。また、ティンジャン(ミャンマー正月)での水掛け祭りイベントの中止、最大都市ヤンゴンをはじめとする一部地域での外出自粛措置にも踏み切った。

ジョスト氏は、政府の中でも保健当局の取り組みを称賛。監視の強化、厳格な感染拡大防止策の施行、コロナ患者と接触者の隔離、コロナ患者の治療などが組織的に行われたと説明した。

また、国内では新型コロナに関連した規制が徐々に緩和されていることから、今後も高いレベルで監視を継続する必要があると述べた。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

スー・チー氏、選挙念頭に離島慰問や式典へ(08/11)

軍系野党の有力議員、総選挙の延期要求(08/11)

メコン地域の物流調査、貨物への影響軽微(08/11)

新たに1人感染確認、累計360人=10日朝(08/11)

ヤンゴン公共バス、88%が運転再開(08/11)

コロナの影響で減少、コーヒー豆輸出(08/11)

マグウェー産ゴマ、日照りで供給不足の懸念(08/11)

次期米国大使、中国対抗の必要性を指摘(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン