• 印刷する

BGC―オルティガス接続橋、工事53%完了

フィリピン公共事業道路省は、マニラ首都圏タギッグ市の新興開発区ボニファシオ・グローバル・シティー(BGC)と商業地区オルティガス・センターを接続する橋の工事進ちょく率が53%に達したと明らかにした。2021年1~3月の完工を目指しており、予定より早く工事が進んでいる。1日付ビジネスワールドが伝えた。

ビリヤル公共事業道路相によると、橋が完成すればタギッグ市からパシッグ市までの車での所要時間は10分に短縮される。グアダルーペ橋とバゴンイログ橋沿いの幹線道路エドサ通り、環状道路5号線(C5)の混雑も約25%緩和される見通し。

BGC―オルティガス接続橋は4車線で、総工費は16億ペソ(約34億5,900万円)。工事は17年に開始した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

首都圏などの外出制限、条件付きで緩和(02:10)

地方の外出制限、南部で厳格化(13:35)

南アジアからの入国禁止延長、31日まで(13:35)

新型コロナ、新たに6784人感染(17:41)

大手企業、環境戦略に軸足 世界と足並み、動き加速も(05/14)

〔セブ通信〕空港、14~15日に国際線停止(05/14)

新型コロナ、新たに6385人感染(05/14)

ロシア製ワクチン、新たに1.5万回分到着(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン