• 印刷する

テイクオフ:タイの夜の産業が7月か…

タイの夜の産業が7月から解禁となった。多くの外国人観光客を引き付けてきた産業の再開は、経済の正常化に向けた新たな一歩と考えたい。ただ、ダンサーらにもマスクやフェースシールドの着用が義務付けられている。

一方、新型コロナの市中感染が1カ月以上確認されていないこともあり、街中ではマスクを着用していない人の姿が増えてきた。第2波予防のため、引き続きマスク着用が呼び掛けられてはいるが、高温多湿の環境下、できるものなら避けたいのが本音だろう。

日本では人気ファストファッションが夏向けに機能性素材を使ったマスクを売り出したところ、購入希望者の長蛇の列ができて話題になった。常夏のタイでも顔を冷やすことのできる、ファッション性の高いマスクが売り出されればきっとヒットしそうな気がするが、いかがなものだろう。(須)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:素焼きと伝統菓子で知ら…(08/13)

投資認可額、上半期は17%減 コロナ抑制強みにFDI誘致強化(08/13)

BTS、電動トラムバス開発で国立大と協力(08/13)

建設CNT、再生エネ事業の会社新設へ(08/13)

20年のエネルギー消費、5.3~7.9%減見通し(08/13)

JBIC、トヨタ系金融会社に協調融資(08/13)

鉄鋼タタ、本年度販売見通し110万トン維持(08/13)

永冠能源が内外に新工場、風力発電向け強化(08/13)

エクソン、東部の石化プロジェクトを延期(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン