• 印刷する

テイクオフ:今から23年前の昨日は…

今から23年前の昨日は香港が英国から中国に返還され、中国の特別行政区としてスタートを切った初日だった。前日まで、ホテルなどに翻っていたユニオン・ジャック(英国国旗)と旧香港旗が消え、五星紅旗(中国国旗)と現在の香港特別行政区旗に取って代わられたのは、当たり前のこととはいえ、衝撃的だった。前日までの見慣れた光景が一夜にして変わったのだから。

返還初日から大雨続き。それから間もなくアジア通貨危機が香港に襲いかかった。不動産バブルはあっけなく崩壊。デフレが何年にもわたって続いた。香港はその後も、いくつもの荒波にもまれ続けてきた。

そして返還23周年記念日の昨日、香港国家安全維持法が施行された。この法律に対する評価はさておき、香港が新たな時代に突入したのは間違いないだろう。香港はこれからどこに向かっていくのだろうか。(和)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

香港との往来再開、高確率で延期=運輸相(16:54)

銅鑼湾の商業地に200億ドル 希慎など落札、予測上回る高値(05/14)

米衣料品大手VF、ア太拠点を香港から移転(05/14)

賃料過去最高の160万HKドル、ピーク住宅(05/14)

新たに3人感染、域内1人=計1万1817人(05/14)

ワクチン、市民以外の滞在者にも=衛生局長(05/14)

今週末から2回目検査、外国人家政婦(05/14)

急反落、米株・アジア株下落受け=香港株式(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン