石炭公社、輸送インフラ整備に1600億ルピー

インド石炭公社(CIL)は、炭鉱付近の貯蔵施設と鉄道輸送の起点を結ぶベルトコンベヤーの整備に1,570億ルピー(約2,240億円)を投じる計画だ。エコノミック・タイムズ(電子版)などが6月29日に伝えた。 整備するベルトコンベヤーは道路輸送の代替となる。活用により、積み込…

関連国・地域: インド
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

6月の乗用車販売、スズキが5割減まで回復(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

6月の二輪販売、3社が3~4割減まで回復(07/03)

インドの中国製品排除に反発、商務省(07/03)

中国発の貨物、通関手続き再開(07/03)

物流DHL、中国からの輸出貨物集荷停止(07/03)

デリー空港、通関で書類不要の新システム(07/03)

ボーダフォン、昨年度は1兆円の赤字(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン