• 印刷する

SKイノ、米国にEV電池工場増設へ

韓国のSKイノベーションは29日、米ジョージア州政府と電気自動車(EV)向けバッテリーの第2工場設立に関する投資協約を25日(現地時間)に結んだと発表した。

第2工場の敷地面積は4万平方メートルで、事業費は9億4,000万米ドル(約1,009億5,000万円)規模。2023年の量産開始を目指す。新たに600人分の雇用が創出される見通しだ。

同工場の年産規模は11.7ギガワット時(GWh)になる予定。第1工場(22年から量産開始予定)と合わせると、ジョージア工場のバッテリー生産能力は合計で年産21.5GWh規模に拡大することになる。

SKイノベーションは今後もジョージア州とのパートナーシップに基づき、米国への投資を継続していく方針だ。


関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:東学ケミ――。19世紀…(06/24)

【韓国モビリティー】出前急伸、電動バイク元年に 商用車で進む電動化の波(下)(06/24)

コロナ新規感染者、13日ぶり600人台に増加(06/24)

全経連、ベトナムにビジネス往来再開を提案(06/24)

タミルナド州、自動車工場の全面稼働を許可(06/24)

ベンチャー団体、週52時間制の1年猶予要求(06/24)

現代自、蔚山第2工場で週末の特別勤務再開(06/24)

大韓航空、業界初のESG債券の発行を準備(06/24)

大宇造船、国内外の産学研で技術力確保へ(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン