鉄鋼タタ、昨年度は7割減益=経済減速で

インドの鉄鋼大手タタ・スチールが6月29日に発表した2019/20年度(19年4月~20年3月)の連結決算は、純利益が前年度比73.6%減の271億9,580万ルピー(約387億5,000万円)、売上高が11.3%減の1兆3,981億6,650万ルピーだった。国内経済の停滞を受け自動車産業向けの需要が大幅に…

関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

国際線運航停止、10月末まで延長=航空当局(10/01)

インドとの特恵貿易協定、交渉開始検討(10/02)

カナダ向けのエビ輸出、1~8月は27%増(10/02)

パソナ、一括採用管理プラットフォーム開始(10/02)

テイクオフ:北部のパンジャブ州やハ…(10/01)

廃車政策、買い替え促進に期待 25年には2千万台が廃棄の見通し(10/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン