• 印刷する

国際線乗り入れ、きょうから条件付きで許可

タイ民間航空局(CAAT)は6月29日、航空機と乗客のタイへの出入国に関する新たな告示を発出した。これにより、きょう1日から国際線旅客機の乗り入れが条件付きで許可される。

告示によると、国際線旅客機は、◇タイ国籍保有者◇タイ国籍保有者の配偶者、両親、子ども◇タイの居住証明書の保有者もしくは居住する許可を得ている人◇労働許可証の保有者または法令によってタイでの労働が許可されている人、その配偶者、子ども◇必要な商品の運送業者◇タイ当局から認定されている教育機関に通うタイ国籍を保有しない生徒や学生、その両親もしくは保護者◇タイ国内で医療を受ける必要のある人および付添人(新型コロナウイルス感染症の治療以外)――などを乗客とする場合に限り、飛行許可を与えるとしている。

ただ、同告示ではタイ人帰還便以外の国際線旅客機の有無や、PCR検査の要否などが定かになっていないため、在タイ日本大使館は、最新の情報収集に努めるよう呼び掛けている。

CAATは、4月4日にタイへの国際線旅客機の乗り入れを禁止。これまでに4回延長され、最終的な期限は6月30日となっていた。

■「トラベル・バブル」のテスト地域に5カ所

タイのピパット観光・スポーツ相は、新型コロナの感染抑制に成功している国・地域間で外国人旅行者の入国・入境規制を緩和する「トラベル・バブル」のテスト地域として、南部3県の5カ所を検討しているとした。8月の実施を考えているという。

テスト地域の候補として挙がっているのは、◇プーケット県◇クラビ県のピピ島◇スラタニ県のサムイ島◇パンガン島◇タオ島――。各地のPCR検査の実施体制や医療体制に応じて受け入れ人数を制限する計画。旅行者は目的地に直接乗り入れるか、バンコクで乗り換える場合は、空港から出ることを禁じるとしている。


関連国・地域: タイ
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:盆休みを迎えた日本では…(08/11)

電動旅客船が相次ぎ就航へ 地場が開発、自製の蓄電池を搭載(08/11)

メコン地域の物流調査、貨物への影響軽微(08/11)

イースタンパワー、越の風力発電2件を買収(08/11)

パワーライン、内務省の新庁舎建設を落札(08/11)

財務局、年内に東部の高齢者住宅販売開始へ(08/11)

マツダ販社プラナコン、首都北部に3店目(08/11)

財閥CP、香港のオークションサイト買収(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン