代替レジ袋に温暖化懸念、環境効果低く国連警鐘

【共同】使い捨てのプラスチック製レジ袋の代替品として検討されている「生分解性プラスチック」や「バイオプラスチック」の袋は、地球温暖化などの面で弊害が大きく、環境負荷の軽減効果が低いと懸念する報告書を国連環境計画(UNEP)が29日までにまとめた。「最良の選択は既…

関連国・地域: 日本
関連業種: 化学その他製造小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

【ASEAN戦略】ニューノーマルの需要に焦点 オカムラ、在宅勤務や職場設備で(18:53)

興和、マレーシアで緑内障治療剤の承認取得(20:29)

長谷工、地場同業を持ち分化 「品質に焦点」ベトナム事業加速(07/13)

テイクオフ:ここ数年、車載電池大手…(07/13)

日系車販売、6月は1万台超 ローン環境改善で今後の伸び期待(07/13)

【書籍ランキング】6月25日~7月1日(07/13)

トヨタ、5カ月ぶりに全世界生産再開へ(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン