• 印刷する

たばこパッケージ、7月からロゴ記載禁止

シンガポール政府は、7月1日から国内で販売されるたばこのパッケージに新規定を導入する。国民の喫煙率を引き下げる政策の一環で、メーカーのロゴなどを使用することを禁止する。

保健省が29日に発表した声明によると、新規定では、パッケージにロゴや商品を強調するような色、購入意欲を喚起する情報などを使用・掲載することを禁じる。図や写真を使って健康被害を説明する警告表示の大きさは現在、箱一面の表面積の50%としているが、これを75%に引き上げる。

通常のたばこのほか、葉巻、安価な紅煙(ang hoon、たばこの葉と巻き紙を買い、自分でスティック状に丸めるもの)、ビディ(インド葉巻)など、国内で販売される全てのたばこを対象とする。違反した場合は、最大1万Sドル(約77万円)の罰金または最長6カ月の禁錮刑、あるいはその両方を科す。

保健省は昨年7月、たばこのパッケージの規制を今年7月から改定すると発表。今年4月から6月までの3カ月、本格施行に向けた猶予期間として、たばこ販売店などに新規定導入を促していた。

政府は、年少者を中心に喫煙率の低下を目指している。昨年1月には喫煙が許される最低年齢を従来の18歳から19歳、今年1月には20歳に引き上げた。来年1月には21歳へとさらに改定する。今年中に国民の喫煙率を現行の12%から10%未満に引き下げることを目標に掲げている。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【識者の見方】低コストな資金調達手段 STO市場の幕開け(上)(09/25)

8月製造業生産14%上昇、4カ月ぶりプラス(09/26)

目指せ炭素サービスのハブ、政府の戦略始動(09/26)

職場の人数制限緩和、企業は気乗り薄(09/26)

ゴジェックの人気上昇、満足度ではグラブ(09/26)

航空機内装品のジャムコ、子会社を清算(09/25)

新規感染11人、計5万7665人(25日)(09/25)

新型コロナ禍、国民の4分の3が不安(09/25)

総人口569万人、17年ぶり減少 外国人が流出、経済への懸念も(09/25)

テイクオフ:新型コロナウイルスの流…(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン