韓国産化学品を調査、不当廉売の疑い

【共同】政府は29日、韓国産の化学品「炭酸カリウム」が不当に安い価格で販売されている疑いがあるとして、不当廉売関税を課すかどうかに関する調査を始めたと発表した。原則1年以内に調査を終え、国内産業への実質的な損害などの事実関係について認定した上で課税の是非を判断す…

関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 化学


その他記事

すべての文頭を開く

サムスンが米で医薬受託開発 R&D拠点設置、海外進出も加速(10/30)

コロナ感染者125人、2日連続の100人台(10/30)

サムスン営業益59%増、半導体とスマホ伸び(10/30)

ネイバー売上高24%増、フィンテックけん引(10/30)

文大統領、50年に「温暖化ガス排出ゼロ」(10/30)

韓国電力、海外の石炭火力発電事業から撤退(10/30)

18年の中小企業数、全体の99.9%占める(10/30)

今年の産業技術、サムスンDRAMなど選定(10/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン