• 印刷する

IMF、コロナ支援で3.6億ドルの緊急融資

国際通貨基金(IMF)は26日、新型コロナウイルス感染症の緊急支援として、ミャンマーに計3億5,650万米ドル(約380億円)の融資を決定したと発表した。

IMFの緊急融資制度である「ラピッド・ファイナンシング・インストルメント(RFI)」から2億3,770万米ドル、「ラピッド・クレジット・ファシリティ(RCF)」から1億1,880万米ドルを融資する。新型コロナによるミャンマー経済への影響軽減や、医療・社会保障への公的支出拡大を図る同国政府の「新型コロナウイルス経済救済計画(COVID-19 Economic Relief Plan、CERP)」の支援に充てられる見通しだ。

IMFは、新型コロナの影響に伴いミャンマーの輸出や海外からの送金額、外国人観光客数が大きく減少していると指摘。ロックダウン(都市封鎖)によって国内活動も停滞しており、経済的な被害は甚大との見方を示している。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

政情不安の影響一段と拡大 対日輸出、4月は4割減に(06/14)

4月の対米輸入7割減、輸出も2割減(06/14)

昨年10月~今年5月の輸出18%減(06/14)

100人以上の新規感染者確認、6日連続(06/14)

弾圧の死者862人に=12日まで(06/14)

国軍、テロ容疑のAA関係者ら10人を釈放(06/14)

国軍派政党の関係者殺害、これまで死者70人(06/14)

国軍支持者の武装組織、報酬は5千チャット(06/14)

中国系縫製工場で爆発、エヤワディ(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン