• 印刷する

与党が政権公約、雇用・生活・未来に重点

総選挙に向けた選挙公約を発表した与党・PAP書記長を兼務するリー・シェンロン首相(リー首相の公式フェイスブックより)

総選挙に向けた選挙公約を発表した与党・PAP書記長を兼務するリー・シェンロン首相(リー首相の公式フェイスブックより)

シンガポールの与党・人民行動党(PAP)は27日、総選挙に向けたマニフェスト(選挙公約)を発表した。新型コロナウイルスの影響で国内経済が未曽有の危機に直面する中、国民の暮らしに直結する「雇用」「生活」「未来」に重点を置いた政策を提示した。

PAP書記長のリー・シェンロン首相は、多くの企業が厳しい経営を迫られる中で失業率が上昇しているため、「コロナ下で政府が最も優先すべき課題は雇用だ」と指摘。雇用の確保・創出や失業者支援の重要性を訴えた。

新型コロナ対策では、医療従事者への支援強化や検査能力の拡大を進める方針を提示した。企業向けでは、資金提供や賃料支援などを通じて経営の安定化を後押しすると表明。海外各国・地域との人の往来で商用・公務目的に限って出入国審査の手続きを迅速化する制度の導入も加速させる意向を明らかにした。

ポストコロナ時代に向けては、社会のニーズに即した技能を身に付ける機会の提供や、医療、住宅を拡充する意向を示した。未来を見据えた政策では、デジタル経済への移行、食品輸入先の多様化を進めると表明した。

リー首相は、「新型コロナで国内経済は大打撃を受けた。政府は多額の予算を投じて支援しているが、危機は終息には程遠い」と述べた上で、政策遂行能力に優れた政権が求められていると強調した。


関連国・地域: 中国シンガポール
関連業種: 雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:10日の総選挙を前にシ…(07/06)

SARS教訓と統率力で抑制 台・越に高評価、新型コロナ対応(07/06)

外国人雇用で意見対立、与野党が選挙討論(07/06)

6月の製造業PMI、5カ月連続で50未満(07/06)

5月の小売売上高、営業禁止で下げ幅最大(07/06)

サプライチェーンの多国間協力、中国も参加(07/06)

欧州の生命科学系VC、アジア拠点を開設(07/06)

5月の外国人入国者、99.9%減の880人(07/06)

国内ホテル、「ステイケーション」可能に(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン