新型コロナの影響軽減策、国会で報告

ラオス政府は、24日に開幕した第9回通常国会で、新型コロナウイルス感染症の経済への影響を軽減するため導入した救済措置について報告した。政府は所得税の免除など、一連の救済策を実施している。国営パテト・ラオ通信(KPL)が25日伝えた。 政府は4~6月の3カ月間、月給…

関連国・地域: ラオス
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

入国規制を緩和へ、隔離期間の大幅短縮も(10/02)

ソーシャルメディア企業、当局が登録要請(10/02)

韓国、洪水対策などに9千万米ドル支援へ(10/01)

ドイツ、今年のラオス支援に2650万ユーロ(09/30)

アジア新興国の成長率、20年は0.9%=世銀(09/30)

【4000号特集】アジア経済はいずれ回復する 中尾ADB前総裁に聞く(09/30)

【ラオス経済通信】20年のGDP成長率、マイナス2.5%へ下方修正 第153回(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン