• 印刷する

財閥SMIC、新たな生活様式に対応へ

フィリピンの財閥SMグループの持ち株会社SMインベストメンツ(SMIC)は24日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて実施した業務改革を今後も継続する意向を表明した。コロナ時代の新たな生活様式に対応するため、中核の銀行、小売り、不動産部門でデジタル技術を活用したサービスなどを展開していく。25日付ビジネスミラーなどが伝えた。

テレシタ・コソン副会長は定時株主総会で、「パンデミック(世界的大流行)は消費者に便利さと安全、当社に順応性と変革の重要性を認識させた」と指摘した。

SMICは外出・移動制限措置が実施された期間中に、同社の小売り部門が独自の通販サイトを開設。今後もこうした取り組みを続けて事業を拡大し、顧客のニーズに沿ったサービスを展開していく方針を示した。

SMICは同日、総額51億ペソ(約109億円)の配当を7月23日に実施すると発表した。配当は1株当たり4.25ペソ。19年の純利益の50%を配当に回すことになる。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融建設・不動産IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:所狭しと並べられた豪華…(05/12)

事業モデルの進化へ手応え MUFGの東南アジア戦略(5)(05/12)

GDP、1~3月4.2%減 5期連続マイナス、感染拡大響く(05/12)

新型コロナ、新たに4734人感染(05/12)

ワクチン接種の義務化は撤回、外国人家政婦(05/12)

インド型変異株、国内初の感染確認(05/12)

米ファイザー製ワクチン、第1便が到着(05/12)

マスク着用義務違反、早くも900人逮捕(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン